スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

そろそろ島牧ですね

カテゴリー: フライタイイング

久々の更新です 2回ほど支笏湖に行ってアメマス1匹釣ってから釣りに行ってません



島牧海アメマスダービーも始まり毎日天気図と、にらめっこしてますが冬型の気圧配置が緩みません



しかも例年より気温も低いので冷え性の自分にはキツイ・・・



なのでネタ不足もあって何か語ってほしいとリクエストがあったので海アメの釣りを語らせてもらいます



基本天気図しか見ませんが何年も島牧に通ってると、いつぐらいにどれぐらいまで波や風が収まるか、わかるようになっておりまして



たとえば北西の風、波3~4メーターで夕方から南よりの風が吹き、次の日の朝には波2メーターまで落ち、18番はできるとか、昼には1,5メーターまで落ちるから赤灯がベストになるとか・・・



日本海は南よりの風が続くとすぐベタ凪になり、釣りずらくなるのでタイミングが非常に大事であって南の爆風が吹くと一晩でベタ凪になることもあります



例外もありますが波の落ち際(波1,5)がフライにはベストでこれに大潮、中潮が絡むともらったも当然ですがさらに絞ると、この条件で新月の大潮のあとの中潮にぶつかると自分的には最高な条件です♪



でもその時どこに魚が入るかが問題で、いかにそのポイントに居て、その時の魚の好むフライを付けていてシンクレートも合わせなければカスリもしません



道東海アメではタイプ2と3では歴然な差がありましたし、ましてや魚が遠いと常に安定した遠投とターンオーバーが絶対必要になります



もし周りの人が釣れててたら、大まかにストリーマーかスカッドに絞り、どちらかにアタリがあれば色とサイズを絞っていけばいいと思います  スカッドに反応があればバガー系もありです




聞くのが一番手っ取り早いのですが・・・




自分のフライに偏食させ入食いにさせる・・・これは機会があればお話します(笑)



釣りネタがないので道東海アメでテストして爆だったフライ紹介します



まったく釣れてない人も何人かいた中で入れ食いだったフライですのでノークレームでお願いします(笑)



メチャクチャ簡単です  海アメフライは消耗が激しいので良く釣れれば簡単でいいんです!



PC250213.jpg
UVポーラーシェニール パール


ブログ用にアイ付けてウイングはカシミヤにしてみましたが
PC250184.jpg


 

実際テストで釣れたフライはアイなしでウイングは安いバックテールです

ポーラーシェニ-ルは密に巻かないでボリュームをおさえたいので間隔を開けてます
PC260114.jpg



濡らすとこんな感じになります  
PC250196.jpg


ウイングとサイズを変えれば色んな小魚に対応できると思います♪




チャック交換に出していたジャケットも帰ってきました!



このゴアテックス素材のリフォームをしてくれるところがなかなかなく、行く先々で断られましたが良心的なお店を見つけました
PC260116.jpg



錆びて壊れるのでプラスチックにしたかったのですが店長(オーナー)と相談した結果、塗装してあるチャックにしてみました



あと痛んでる箇所の補強や穴あきの補修などお願いして1万でお釣がきました♪
PC260117.jpg

秘密結社 ARTIZM JAPANの店長、職人魂というか俺に出来ないことはない!という感じの方でウエーダーの詰めやフローターも以来され作ったこともあるそうです



補修のほかにポケットも追加できるとのことで親切に対応してくれますよ











スポンサーサイト
2011/12/26(月) 14:00 | trackback(0) | comment(10)

スカッドの選択

カテゴリー: フライタイイング

ダービーが終わると、やっぱりモチベーションが下がり、フライも巻くのも億劫になってしまうが使用頻度の多いスカッドの穴埋めを。
自分のスカッドは特別凝ってるわけでもなくフック、スレッドを入れても6種類のマテリアルしか使ってない。実に簡単、シンプル、手抜き?ですが一番気を使っているのはシルエットとバランスとフック選択。ほぼ使い捨てなので、釣れるフライをいかに短時間で簡単に巻け、大量生産できるようにしています(面倒くさがり)
その合間にテスターになってもらう友人のサクラマス用のフックも仕上げてましたが、そろそろサケ稚魚の釣りも始まるので大至急、稚魚パターンも巻かないとなりません(汗)

DSCF0307[2]



シーズンに何回かスカッドが湧き、周りで入れ食いが始まることがありますが、いち早く色とサイズを見つけられず、周りの波に乗り遅れ終了することも何回もありました。
隣の人は大型なのに自分は小型ばかり・・・。このときは大型が小魚で小型がスカッドを捕食していて魚に騙されたということも(悲)フライ選択に迷い、焦り、遠投しようと力も入りキャスティングがボロボロになって結果、悪循環に・・・。こういう状況はかなり経験しましたが今では財産です(笑)
いかに冷静になれるかですがこれがなかなか難しいですね(爆)


どちらもポチッとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
人気ブログランキングへ



2009/03/28(土) 03:17 | trackback(0) | comment(4)

久々のタイイング

カテゴリー: フライタイイング

せっかくの休みなのに月火曜は資格の講習(悲)総監督は島牧に行ってるとのことで気になって講習が身に入らないが仕事も大事!?なので真面目に試験を受けてきました。慣れない椅子に一日7時間座らされてお尻が痛いです。
今週は海が荒れてるので久しぶりにタイイングデスク向かい合うがデスクの上がグシャグシャ、片づけて普段使う一軍フライたちを巻き溜め終わると、またこの有り様に(笑)


ytgvtgyhhb[1]



それが終わると2、3軍のタイイング。ここ何年かの島牧はフライマンが増え、レベルも上がってきてるように感じるのでスレてる魚用に毎回1作品、新作フライを3本巻いてアタリフライを見つけるように心がけてる(総監督の教え)。しかし今回は、ちっとも思いつかなかったのでN君が3年前に70アップを連発したフライをパクリ、色違いバージョンを数本巻きました(笑)


rtfvytgyuh[2]



お泊りセットも用意したし、これでいつでも出動準備完了です(爆)

どちらもポチッとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

2009/03/11(水) 06:16 | trackback(0) | comment(4)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。